簡単脆弱性診断ツール
RayAegis Simple System Scanner (RAS3)リリースのお知らせ

2020年10月6日

Ray Aegis Japan

ネットワーク+Webアプリケーション脆弱性スキャンツール
「RayAegis Simple System Scanner」をリリース

株式会社レイ・イージス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役 青木 登、以下「レイ・イージス・ジャパン」)は、DevSecOpsとして開発・運用の一部として継続的にセキュリティを考慮することが必要となる中、ネットワーク診断とWebアプリケーション診断をまとめて高頻度に実行でき、セキュリティ専任担当者がいない企業でも簡単に利用できる脆弱性スキャンツール、「RayAegis Simple System Scanner 」(通称 RAS3)をリリースいたしました。
本ツールを利用いただくことで、一般的なセキュリティ診断サービスでは頻度やコストの面からニーズにお応えできない場面があった以下のようなシーンでセキュリティの向上にご活用いただくことが可能になります。

  • システム開発における、開発中の高頻度診断によるリリース直前の手戻りやスケジュール遅延の防止
  • データセンター事業者などにおける、自社のお客様環境に対する診断サービスの提供
  • インターネットからの通信が制限されており、外部診断ができない環境における自己診断の実施

本ツールの主な特長やご利用環境は以下の通りです。

主な特長

  • OWASP Top10のセキュリティ範囲をカバーする脆弱性スキャン
  • プラットフォーム診断(ネットワーク診断)とWebアプリケーション診断を同時に対応
  • 日本語または英語での診断レポート出力(PDF、CSV)
  • 初期設定が5分で完了する仮想アプライアンス(OVA)形式
  • 自動化用にスキャン実行やレポート出力用APIも提供

ご利用環境
Vmware vSphere ESXi 6.5以上、Vmware Workstation 15以上でご利用いただけます。
※その他の仮想環境やクラウド環境も近日サポート予定です。

仮想アプライアンス 仮想HW要件
CPU 4コア(2Ghz以上推奨)
メモリ 8 GB 以上
ディスク 100 GB 以上

ご提供価格
本ツールはスキャン実行回数別の年間サブスクリプションライセンスで提供いたします。(年次途中での回数追加も可能です。)

年間スキャン回数 ご提供価格(税抜)
150回 500,000円
100回 350,000円
50回 200,000円

その他関連サービスのご紹介

レイ・イージスでは全世界で250名を超えるホワイトハッカーを擁し、AIを活用したOWASP Top10を超える範囲も加えた網羅的な脆弱性診断やペネトレーションテストサービスも提供しています。
システム出荷前判定用の脆弱性診断や年次のセキュリティ診断等、ツール診断では不足する部分も、あわせて弊社にお任せください。

レイ・イージス・ジャパンについて

セキュリティ診断サービスやセキュリティコンサルティングサービスを提供する目的で、株式会社アリス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小林 昭伍、以下「アリス」)及び、RayAegis Information Security(本社、台湾、新北市新店区、責任者 格江、以下「RayAegis」)との合弁で設立されました。経験豊富で技術力の高いホワイトハッカーを250名以上擁するRayAegisとともに、国内においてAIを利用した独自開発ツールを活用し、高度なWebアプリケーション脆弱性診断やペネトレーションテスト、TLPTなどのセキュリティサービスを短期間かつ効果的な価格で展開しています。

RayAegisについて

RayAegis Information Securityは、台湾大学、カーネギーメロン大学マスターコースを優秀な成績で卒業し、金融機関・政府機関などのセキュリティコンサルティングで実績を積み重ねてきた、Ray Chiang (格江)が2011年に台湾で創業した企業です。セキュリティコンサルティングでの豊富な実績を持つ優秀なホワイトハッカー集団として、政府機関、金融機関、運輸・交通システム、大手製造業などのシステムにおけるセキュリティ対策コンサルティングで活躍しています。関連会社として、RayAegisで発見した脆弱性などに対応するためのセキュリティソリューションを開発・販売するCloudCofferがあります。