レイ・イージス・ジャパンのセキュリティ診断サービスが「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」に登録されました

2021年9月27日

Ray Aegis Japan

レイ・イージス・ジャパンのセキュリティ診断サービスが「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」に登録されました

株式会社レイ・イージス・ジャパン(本社:東京都新宿区、 代表取締役 青木 登、 以下「レイ・イージス・ジャパン」)は、レイ・イージス・ジャパンが提供している各種セキュリティ診断サービスが、経済産業省が策定した「情報セキュリティサービス基準」に適合するサービスとして、特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)が審査登録を行う「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」に脆弱性診断サービスとして登録されたことを発表しました。

「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」は一定の技術ならびに品質管理の要件を満たし、かつ品質の維持・向上に努めているサービスであることを厳しい審査項目を突破して掲載されるもののため、セキュリティに関する専門的な知識を持たないお客様が、安心して情報セキュリティサービスを選定する際に活用いただけます。

セキュリティは製品ではなくプロセスです。レイ・イージス・ジャパンは引き続きAIを活用した最高水準の専門的かつ先進的なサービスにより、お客様のセキュリティ向上を支援いたします。

登録サービス種別 脆弱性診断サービス
登録番号 021-0012-20
登録サービス AIクイック・ツール診断
AIリモート脆弱性診断
ペネトレーションテスト
モバイルアプリ診断
プラットフォーム診断

関連情報:
特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)「情報セキュリティサービス台帳」
https://sss-erc.org/iss_book/

経済産業省「情報セキュリティサービス基準について」
https://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/shinsatouroku/touroku.html

レイ・イージス・ジャパンについて

セキュリティ診断サービスやセキュリティコンサルティングサービスを提供する目的で、 株式会社アリス(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:小林 昭伍、 以下「アリス」)及び、 RayAegis Information Security(本社: 台湾新北市新店区、 責任者 江格)との合弁で2019年10月に設立されました。 経験豊富で技術力の高いホワイトハッカーを250名以上擁するRayAegisの技術力を背景に、 国内においてAIを利用した独自開発ツールを活用し、 高度なWebアプリケーション脆弱性診断やペネトレーションテストなどのセキュリティサービスをFQDN単位の一律価格にて提供しています。
https://www.rayaegis.co.jp

ご興味ある方は、レイ・イージスの創業秘話を以下のサイトに掲載していますので、是非ご覧ください。
https://history.rayaegis.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社レイ・イージス・ジャパン
電話:03-5322-1362
Email:info@rayaegis.co.jp
お問い合わせフォーム:https://www.rayaegis.co.jp/contact-us/