IoTセキュリティ

近年、スマートホームやコネクテッドカーをはじめ、インターネットに接続される機器が一気に増加してきています。
この種の機器は一般的な企業システムにとことなり、限定的または特殊な機能を持つことが多く、汎用的な試験では十分な脆弱性診断が行えない場合があります。
一方で、機能が制限されることで従来型のセキュリティ対策が適用できないことも多く、IoTデバイス自体が取り扱う機密情報の漏洩リスクのほか、踏み台として別システムへの攻撃に流用される事例が報告されています。

RayAegisでは以下の実績に挙げる項目など、個別のIoT機器、システムに応じて個別ご相談を承っております。

IoT向けセキュリティサービス提供実績

  • 原子力発電を含む、豊富な電力設備でのペネトレーション
  • REST API, BLE, 4G, LTE, Zigbee, LoRA などの各種プロトコルでのペネトレーション
  • Webカメラ、監視カメラなどへの侵入
  • 自宅のスマートデバイスに侵入し制御
  • IoT機器にバックドアが埋め込まれていないかを検知
  • 中間者攻撃(Man-In-the-Middle Attack) を捉え盗聴を防御

IoTシステムではご提供する範囲、項目がかなり分かれるため、個別ご相談の上、ご提供可能なサービスやお見積りをご提供いたします。
詳細につきましてはお問い合せよりご相談ください。