レイ・イージスっていったい誰?

レイ・イージスっていったい誰?

今回ご案内している無料診断サービスは、レイ・イージス社が特別に提供するものです。

レイ・イージスは2011年に台湾で創業した情報セキュリティ会社で、高度なAI技術を生かした各種診断ツールと250名を超えるCISSPやCEHなどの資格を持ったセキュリティエンジニアを有することで知られており、台湾はもとより、欧米の政府機関やメガバンクなどを中心にセキュリティ診断サービスやペネトレーションテスト、TLPT、DDoS演習などを年間2,000件以上実施している超優良企業です。日本法人は2019年10月に設立され、2020年の春から金融機関、ECサイト、大手企業などで採用が始まり、「診断の質が高い」、「診断の期間が短い」、「料金体系が分かりやすく頼みやすい」といった高い評価をいただいております。

このレイ・イージスが、日本向けに専用の診断ツールRAS3(RayAegis Simple System Scanner)を開発しました。このRAS3はAI技術などを使ったものではありませんが、レイ・イージスの経験を詰め込んだ、プラットフォームとWebサイトの基本的な脆弱性診断に特化して作られたもので、コーポレートサイトや集客用のWebサイトといった一般的なWebサイトに対しては非常に有効に機能するものです。

今回の無料診断サービスは、このRAS3を使って行うもので、既に、株式会社リンク様と鈴与シンワート株式会社様、株式会社ブロードバンドタワー様からスポットまたはサブスク型サービスとして提供が始まっています。レイ・イージス自身は、高度なサービスに特化するため、このサービスを提供するものではありませんが、この三社様のサービスのプロモーションに協力するため、またレイ・イージス社の実力を見ていただくために200社限定での無償提供を決断いたしました。

もっと知りたい方へ

各サービスについての概要説明書やホワイトペーパーなど自由にダウンロードいただけます

資料ダウンロードページ

サービス内容についてのお問い合わせやお見積り依頼などはこちらかどうぞ

お問い合わせ

有益な情報など不定期に発信しています

メルマガ登録