多層防御(defend in depth)とは何ですか?

多層防御とは、より安全な防御措置を提供するために確立された概念です。
例として、ハッカーが総当り攻撃を利用して、お客様のシステムの中からIDとパスワードを取得しても、システム管理者が遠隔端末からは接続できないように事前に防御していた場合、ハッカーが取得するIDとパスワードはシステム管理者のものではなく、一般ユーザのものとなります。このような対処により、通常一般ユーザには不正プログラムを設置する権限がないため、システムのリスクを大幅に下げることができます。モニタリングソフトウェアをインストールしていれば、ハッカーがIDを取得して侵入していることを短時間内に発見し、適切な処置を行うことができます。

もっと知りたい方へ

各サービスについての概要説明書やホワイトペーパーなど自由にダウンロードいただけます

資料ダウンロードページ

サービス内容についてのお問い合わせやお見積り依頼などはこちらかどうぞ

お問い合わせ

有益な情報など不定期に発信しています

メルマガ登録