アンチウイルスソフトウェアを使用していれば、何も問題は起こりませんか?

アンチウイルスソフトウェアは一部の問題を解決できるだけで、十分に情報セキュリティを保護することはできません。例として、Webサイトがハッキングされる、またはデータが不正取得されるといった状況は、アンチウイルスソフトウェアでは防止できないことが多くあります。

また、一般的にアンチウィルスソフトウェアは既知のマルウェアファイルのパターン(シグネチャとも呼ばれます)を認識して検出しますが、最近ではパターンを変化させた亜種を非常に高頻度に作成することで、パターンファイルによる検出をすり抜けるマルウェアも増加しています。このようなマルウェアに対抗するには、マルウェアの挙動を事前に検出するサンドボックスや、マルウェアが実際に動作し始めた後の挙動を検出するEDRなどの対策が必要です。

レイ・イージス・ジャパンが新たにサービス開始したマルウェア検知サービスでは、そのような変異型や新種のマルウェアなどもしっかりと検知してくれます。

もっと知りたい方へ

各サービスについての概要説明書やホワイトペーパーなど自由にダウンロードいただけます

資料ダウンロードページ

サービス内容についてのお問い合わせやお見積り依頼などはこちらかどうぞ

お問い合わせ

有益な情報など不定期に発信しています

メルマガ登録