サブドメイン/FQDN単位のパッケージ型価格体系のメリットは何ですか?

日本の一般的なセキュリティ診断ではリクエスト数で費用が算出されるサービスが多数ですが、レイ・イージスでは定期的な診断をWebアプリケーションやシステム全体に対して実施いただけるよう、脆弱性診断ペネトレーションテストの両方でサブドメイン/FQDNあたりのパッケージ型料金体系を採用しています。

この先進的な価格体系は、レイ・イージスが独自開発しているAIツールによる自動化やセキュリティエンジニアの効率化支援機能により実現しています。

日本企業ではコスト上の課題から診断対象箇所を制限して診断する慣習がありますが、パッケージ型価格体系であれば、対象を選定する手間も不要となり、かつシステム全体を定期的に診断することで網羅的にセキュリティを維持・改善することが可能です。

もっと知りたい方へ

各サービスについての概要説明書やホワイトペーパーなど自由にダウンロードいただけます

資料ダウンロードページ

サービス内容についてのお問い合わせやお見積り依頼などはこちらかどうぞ

お問い合わせ

有益な情報など不定期に発信しています

メルマガ登録